結婚の一瞬を残す

ケーキ入刀

結婚写真は、新郎新婦の写真や親族の写真で10万円程度、挙式一連のアルバムで10万円から30万円程度になります。工夫すると安く上げることができますので事例を紹介します。 まずは、式場の了解が必要ですが、写真家を個人契約することで、知り合いなどを通して手配すると安くすることができます。 つぎに、結婚写真撮影を一眼レフカメラを所有している人や趣味にしている人がいればお願いすることです。アルバムはのちに結婚写真のデータを使って、インターネットで作成すると1/10には抑えられます。ささやかなお礼をすることが重要となります。 最後に、結婚写真の親族や新郎新婦などは1部たのんでスキャナでとったり、デジカメで撮ったりして複製すると数千円で終わります。

ひと昔前は、結婚写真といえば、写真館やホテルの写真ルームにおいて、布を張った背景の前で、直立不動、もしくは椅子に座って正面を向き、撮影されるものが一般的でした。しかし最近の結婚写真では、結婚式場の室内のあちらこちらと場所を変え、また屋外で青空や自然光のもと撮影されるバターンが増えてきました。 以前、室内で撮影していた結婚写真は、撮影時、フラッシュを使っていました。フラッシュを使うと、少しでも動くとブレてしまうため、直立不動の写真が多かったのです。しかし自然光のもとでは、フラッシュを使わなくても、十分な光が得られるため、少々動いてもブレません。そのため、動きのある写真も取りやすくなってきました。 最近は、結婚式当日より前に結婚写真だけを撮っておく「前撮り」を選ぶカップルも多いです。結婚式場の方針によっては、「前撮り」の場合、撮影場所は結婚式場だけに限らず、ビーチや思い出の場所などに移動して撮影することもできます。